宮津燈籠流し花火大会~8月16日~


“宮津燈籠流し花火大会”は
毎年8月16日に行われる宮津で最も大きなイベントです

宮津灯籠流しの由来 は
今から400年ほど昔、織田信長の命を受けて入国した
細川藤孝により宮津の城下町が造られ、
その後入国した京極高広が新しく宮津城を建城しました。
京極高広は細川時代の城下町を基礎にして、隣の田辺の城下町である
今の舞鶴より町人6300人を移住させて、
その住家1200軒を建て細川時代の城下を拡大しました。
こうして家数約2000軒、人口約10000人の京極家78000石の
新宮津城下町が誕生しました。田辺の城下から移住した町人たちは
盆を迎えても先祖の霊を慰めるものを持たない寂しさに耐えかね
三々五々、町の辻々に集まって燈籠に灯をともし、
静かな宮津湾に一人二人と流し始めました。
これが宮津の燈籠流しの始まりだといわれています。
宮津燈籠流し・精霊船


宮津燈籠流し・精霊船
宮津の燈籠流しは、350年の伝統をもち
お盆の13日に祖先の霊を迎え、
16日に再び極楽浄土へ送り帰す際の供養として現在も行われています。
初盆の家から流される「精霊船」と「追掛灯籠」が1万個余り、
宮津湾を埋め尽くしました。
また、空では色とりどりの打上げ花火、豪華な仕掛け花火が
打ち上げられ、陸海が一体となり飾られた宮津湾の眺めは、
とても素晴らしかったです。
宮津燈籠流し花火大会
“海上スターマイン”でクライマックスを迎えました。

また会場の島崎公園では“宮津おどり”が繰り広げられました。


West Coast Fitness Walking