文殊堂出船祭


7月24日天橋立の廻旋橋一帯で
“文殊堂出船祭”が開催されました。

この祭りは智恩寺に残る伝説「九世戸縁起」を再現したイベントです。
太古の昔、「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」という神様が、
日本列島、そして天橋立をお造りになりました。
この神様が出来上がった地上をご覧になりますと、
悪龍が大暴れしていて人々が住む事ができません。
神様たちは、毎日相談されました。
やがて、いざなぎのみことの申されますには、
「何といっても、中国五台山におられる文殊菩薩こそ
智恵第一の仏様で、昔から龍神の導師である。
悪龍もきっと改心するであろう」と
そこで神様たちは、五台山から日本海の荒海を越えて
文殊菩薩を丹後天橋立のこの九世の戸(天橋立)へ
お迎えされたのであります。文殊菩薩は千年の間、
この地でやさしく慈悲の心をもって説法をされました。
やがて改心して善龍となった龍は仏に帰依し、
人々を守護することを誓ったという伝説です。

舞台は松明が灯された海上に設営されます。
この舞台の太鼓に合わせて金銀2頭の龍が舞い、
クライマックスには打上げ花火があがりました。




West Coast Fitness Walking