宮津燈籠流し花火大会~8月16日~


“宮津燈籠流し花火大会”は
毎年8月16日に行われる宮津で最も大きなイベントです

宮津灯籠流しの由来 は
今から400年ほど昔、織田信長の命を受けて入国した
細川藤孝により宮津の城下町が造られ、
その後入国した京極高広が新しく宮津城を建城しました。
京極高広は細川時代の城下町を基礎にして、隣の田辺の城下町である
今の舞鶴より町人6300人を移住させて、
その住家1200軒を建て細川時代の城下を拡大しました。
こうして家数約2000軒、人口約10000人の京極家78000石の
新宮津城下町が誕生しました。田辺の城下から移住した町人たちは
盆を迎えても先祖の霊を慰めるものを持たない寂しさに耐えかね
三々五々、町の辻々に集まって燈籠に灯をともし、
静かな宮津湾に一人二人と流し始めました。
これが宮津の燈籠流しの始まりだといわれています。
宮津燈籠流し・精霊船


宮津燈籠流し・精霊船
宮津の燈籠流しは、350年の伝統をもち
お盆の13日に祖先の霊を迎え、
16日に再び極楽浄土へ送り帰す際の供養として現在も行われています。
初盆の家から流される「精霊船」と「追掛灯籠」が1万個余り、
宮津湾を埋め尽くしました。
また、空では色とりどりの打上げ花火、豪華な仕掛け花火が
打ち上げられ、陸海が一体となり飾られた宮津湾の眺めは、
とても素晴らしかったです。
宮津燈籠流し花火大会
“海上スターマイン”でクライマックスを迎えました。

また会場の島崎公園では“宮津おどり”が繰り広げられました。


West Coast Fitness Walking

 文殊堂出船祭


7月24日天橋立の廻旋橋一帯で
“文殊堂出船祭”が開催されました。

この祭りは智恩寺に残る伝説「九世戸縁起」を再現したイベントです。
太古の昔、「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」という神様が、
日本列島、そして天橋立をお造りになりました。
この神様が出来上がった地上をご覧になりますと、
悪龍が大暴れしていて人々が住む事ができません。
神様たちは、毎日相談されました。
やがて、いざなぎのみことの申されますには、
「何といっても、中国五台山におられる文殊菩薩こそ
智恵第一の仏様で、昔から龍神の導師である。
悪龍もきっと改心するであろう」と
そこで神様たちは、五台山から日本海の荒海を越えて
文殊菩薩を丹後天橋立のこの九世の戸(天橋立)へ
お迎えされたのであります。文殊菩薩は千年の間、
この地でやさしく慈悲の心をもって説法をされました。
やがて改心して善龍となった龍は仏に帰依し、
人々を守護することを誓ったという伝説です。

舞台は松明が灯された海上に設営されます。
この舞台の太鼓に合わせて金銀2頭の龍が舞い、
クライマックスには打上げ花火があがりました。




West Coast Fitness Walking