茅の輪くぐり~籠神社(このじんじゃ)~


宮津市府中地区にある“伊勢神宮元宮・籠神社”では
6月中、多くの参拝者が半年の罪穢れを祓清め、
夏に流行る疫病に負けない為、無病息災を祈念できるように
大きな「茅の輪」が参道に設けられています。









この茅の輪を古歌の
「みな月(づき)の なごしの祓(はら)いする人は 千年(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり」
と唱えながら八の字を描くようにくぐるのが習わしとなっているそうです。












茅の輪とは、『釈日本紀』に引用された『備後国風土記』逸文にある
「蘇民将来神話」に茅の輪が関係する物語が描かれています。

蘇民将来神話とは・・・
その昔、旅の途中で宿を乞うた武塔神(須佐之男命)を裕福な弟の将来は
断りましたが貧しかった兄の蘇民将来は粗末ながらもてなしをしました。
再訪した武塔神は、弟・将来の妻となっていた蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、
それを目印として娘を除く弟将来の一族を滅ぼし、
武塔神は速須佐雄能神(スサノオ)であると正体を名乗り、
茅の輪を付けていれば疫病を避けることができると教えました。
以来、「茅の輪」には疫病を祓い除ける力があるとされ、
疫病が流行すると「蘇民将来の子孫なり」と口々に唱え
「茅の輪」を身に付けるようになったということです。


6月中にぜひ「茅の輪」をくぐり、罪けがれをはらい幸福を招き入れたいですね。


West Coast Fitness Walking