宮津カトリック教会


日本に現存する2番目に古いカトリック天主堂といわれ、
フランス人のルイ・ルラーブ神父が1896(明治29)年に造った木造の教会で、
聖ヨハネ天主堂ともいわれています。

会堂内は畳敷きという珍しい和洋折衷のロマネスク風様式の教会で、

ステンドグラスはフランスから輸入したもので1280枚あるそうです。
明治期のキリスト教会堂の様子を今に伝える貴重な建築です。

また毎週ミサの捧げられる現役の聖堂としては日本で最も古いそうです。




明治期のキリスト教会堂の様子を今に伝える貴重な建築です。


West Coast Fitness Walking