恋の成就・天橋立

恋といえば、「恋の架け橋」天橋立です。
天橋立は、文殊地区と府中地区を橋を渡したように結んでいます。
まだ、車なんてなかった頃、多くの恋人たちが、熱い思いを胸にこの道を歩いて通ったのでしょう。
与謝野町を通り、阿蘇海をぐるっと回ると、遠回りになってしまいますが、天橋立を渡ると恋人のもとへと通うのは、ぐっと近くなります。
天橋立は、恋焦がれて会いたい気持ちを抱える者同士が、通う恋路だったのではないでしょうか。
神様からの、恋人たちへの奇跡の贈り物ですね。

とはいえ、恋というのは自分の力で頑張らなければ、成就させることが出来ません。
今だにこの恋路は、車などには頼らずに、歩いてわたらなければいけないのです。(もちろん、車の騒音や排気ガスにまみれると松がカワイソウというのも、理由です)自分の足で天橋立を歩いてわたって、恋をかなえましょう。
天橋立には、昔も今も変わらない、恋する想いと祈りが積もっています。恋を叶えた恋人たちがきっと、味方してくれるはず。天橋立は神様に守られた「恋への近道」なのですから。