天橋立の見所

天橋立の眺めは、次にあげるものが有名です。特に人気の高い斜め一文字と飛龍観です。

斜め一文字は北側の傘松公園からの天橋立の眺めです。名前のとおり斜め一文字に見える景観からその名がつきました。
飛龍観は文珠山の山頂にある天橋立ビューランドから見る南側からの眺め。龍が天に登る姿に見えることからその名前がつきました。
一字観、これは西側の大内峠一字観公園からの天橋立の眺めです。天橋立が横一文字に見える景観からそのように呼ばれています。
雪舟観は雪舟筆「天橋立図」有名です。東側からの天橋立の眺めです。

天橋立駅近くの見所には、廻旋橋という有名な橋があります。
これは、天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転する可動橋です。1923年に人力で動く橋が完成し、1957年から現在の電動式になりました。当初は、遊覧船などの大型船を通すために橋を回転させていましたが、2009年には、船が通らないときも回転させるようになりました。

知恵の輪灯篭も見所の一つです。
廻旋橋の脇に立つ灯篭。元々近くを往来する船の安全を祈って建立されました。この灯篭の輪を3回くぐり抜けると知恵が授けられると言い伝えられています。

智恩寺はあまりに有名ですね。
808年(大同3年)に創建され、古くから知恵が授かる文殊信仰の寺院として知られています。境内には重要文化財の多宝塔もあります。

磯清水は名水として知られています。
砂嘴にある井戸で両側が海であるにもかかわらず、飲んでも塩分を感じない不思議な名水とされています。環境省選定の名水100選にも選ばれています。