丹後も節分

二月三日丹後の節分には、籠神社や巌分祀で節分大祭がおこなわれます。
節分とは二十四節気の起点、年の初めに当たります。この節分の日には追儺・豆まきなどを行います。神社では祭儀を執り行い、豆まきをして厄災を退け、無事を祈念いたします。また、神籬などをたてて、その神社のおまつりしている最高神をお招きして祭儀を執り行います。


     
節分(せつぶん、または、せちぶんともいいます)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことです。節分とは「季節を分ける」ことをも意味しています。特に江戸時代以降は立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多くなりました。

節分の行事はもともと宮中での年中行事でした。延喜式で見ると、宮中ではこの日、色をつけたした土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾りました。
もともと、この節分の鬼を払う悪霊ばらい行事は、平安時代頃から行われている「追儺(ついな)」(矢で鬼をはらう中国の風習)から生まれました。
『続日本紀』には706年(慶雲3年)にこの追儀が始まり、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となっていったとのこと。『
臥雲日件録(瑞渓周鳳)』によると、1447年(文安4年)に「鬼外福内」を唱えたと記されています。近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになりました。
一部の地域では、縄に柊やイワシの頭を付けた物を門に掛けたりするところもあります。これは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うためのものです。