天橋立について知りたい!

天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てて海の上に横たわる全長3.6kmの砂と松の道です。地学上では砂州です。また、それを含めた周辺地区の総称として使う場合もあります。一帯には約8,000本の松林が生え、東側には白い砂浜が広がります。

人が逆さになって見ると、天に架かる橋のように見えることからこの名がつきました。北側の傘松公園から「股のぞき」で見るのが名称の由来でもあり、古来から多くの人が訪れ、天界のごとく美しいとされている。この眺望は、「斜め一文字」と呼ばれています。
天への架け橋とも言われています。

古くから名所として名高いため、深い歴史があることだけでなく、文化・芸術・文学の題材として取り扱われてきました。
百人一首の小式部内侍の歌「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立」はあまりにも有名です。また与謝蕪村が3年滞在し、修行に励みながら、多くの秀作の基盤となる豊かな情緒を培った場所でもあります。
丹後国風土記には、イザナギが天に昇るためのはしごが、イザナギが寝ている間に倒れて天橋立になったとの記述があります。江戸時代から松島(現在の宮城県)、宮島(現在の広島県)とともに日本三景の一つに数えられました。

成り立ちは今から約4000年前とされており、丹後半島の東側の河川から流出した砂や小石などの砂礫が海流により流され、天橋立の西側の野田川の流れから成る阿蘇海の海流にぶつかったことにより、ほぼ真っ直ぐに砂礫が海中に堆積して形成されたと言われています。

1952年(昭和27年)11月22日に国の特別名勝に指定され、また日本の白砂青松100選にも指定されています。1955年6月1日には若狭湾国定公園の一部として国定公園に指定されていましたが、2007年8月3日に丹後天橋立大江山国定公園として独立しました。2007年には日本の地質百選に選定されています。

ただ今、文化庁に対し世界遺産暫定一覧表記載資産候補としての提案を行っています。現在は「提案書の基本的主題を基に、作業を進めるべきもの。」 という評価を受けており、これは暫定リスト入りできなかった案件の中ではトップクラスの評価を受けたことを意味しています。

West Coast fitness Walker